横尾龍彦『青い印』95年作 混合技法 3号 ギャラリー椿取扱作 貴重 真作保証 - ホビー・楽器・アート

32580.00
2024-06-07T23:26:46+08:00
☆作品について

芸術は先が見えませんね、素晴らしい。

この作品には最初の額装とギャラリー専用の箱がございます。額装に保護ガラスが無かった為、付け替えましたが。購入者様には全て付属させていただきます。

☆東京文化財研究所 東文研アーカイブデータより。

☆ 横尾龍彦

没年月日:2015/11/23
分野:洋, 画家 (洋)
読み:よこおたつひこ
 
洋画家の横尾龍彦は11月23日、膀胱がんのため死去した。享年87。

1928(昭和3)年9月7日福岡県福岡市に生まれる。霊感者の母のもと、少年期の神秘体験が後の制作活動に多大な影響を及ぼす。母の勧めもあり東京美術学校(現、東京藝術大学)に入学し、一級上の加山又造と交遊。50年同大学日本画科を卒業後、キリスト教神学を学ぶ。63年第27回新制作協会展(日本画部)に「癩者の家」を出品するも、この頃より日本画から油彩へ転向。65年、シトー会修道院より奨学金を受け渡欧、パリに一年間滞在し、中世ロマネスク、ゴシックの美術を研究。66年東京銀座の青木画廊で個展開催、横尾と同年生まれで同名の評論家澁澤龍彦が同展に「インク壷のなかの悪魔」と題する一文を寄せ、懇意になる。72年、ローマに滞在。73年芸術出版社より『横尾龍彦画集 幻の宮』を刊行。75年からは古典油彩技法研究のため、ベルギー、ドイツへ旅行、ウィーンに滞在。77年ドイツ、スペインにてボッシュに傾倒、北ドイツのヴォルプスヴェーデに滞在。78年、深夜叢書社よりエクリチュール叢書として『横尾龍彦作品集』刊行。同年、美学者の高橋巌が鎌倉で行なっていたルドルフ・シュタイナー研究会に参加。また鎌倉三雲禅堂の山田耕雲に師事し、以後禅の世界に傾倒、それまでのデモーニッシュな幻想画から東洋の瞑想と西洋の神秘主義の融合を探求するようになる。79年から翌年にかけて『毎日新聞』連載小説の井上光晴「気温10度」の挿画を担当。80年ドイツへ移り、オスナブリュックに居住。85年ケルン郊外に居住。1989(平成元)年、東京サレジオ学園の聖像彫刻で第14回吉田五十八賞(建築美術の部)を受賞。93年秩父市黒谷に、翌年ベルリン郊外にアトリエを開設。94年世界救世教タイ国サラブリ神殿建築関連美術・壁画・石彫の制作、監督を担当。98年、春秋社より画集『横尾龍彦1980-1998』を刊行。同
☆記載しきれません。
カテゴリー:
ホビー・楽器・アート##美術品・アンティーク・コレクション##絵画
商品の状態:
やや傷や汚れあり
配送料の負担:
送料込み(出品者負担)
配送の方法:
らくらくメルカリ便
発送元の地域:
鳥取県
発送までの日数:
1~2日で発送
photo_description
  • 石塚 重人

    ★★★★★     5.5
    こんばんは。 コメント失礼します。 購入希望です。 大変恐縮ですが可能な範囲でお値下げは可能でしょうか? 購入の際は即購入、即お支払い致します。 ご検討の程どうぞよろしくお願い致しますm(__)m
    クチコミ投稿 5件
  • 高山 紀光  

    ★★★★☆     4.7
    即購入しますので送料込み14300円でお譲りしていただけないでしょうか? もし可能でしたら専用にしていただけると幸いです。 予算が至らず大変恐縮ですが、ご検討をお願いいたしますm(_ _)m
    クチコミ投稿 1件
レビューをすべて見る